金価格が最高値の半分程度に下落 安値圏で今こそ買いか

金価格が最高値の半分程度に下落 安値圏で今こそ買いか

afi

1: 稼げる名無しさん 2016/01/24(日) 19:38:15.19 ID:CAP_USER.net

http://www.news-postseven.com/archives/20160120_377978.html

 1999年に1トロイオンス当たり250ドル台の底値をつけた金相場は、2001年後半から上昇を続け、
2011年には1900ドル超えの最高値をつけた。しかしその後下降トレンドに入り、昨年末には1050ドルを割っている。

 絶頂期の半分程度まで価格が目減りしている金を、「今は安値圏で買いだ!」と断言するのは、
金融・貴金属アナリストの亀井幸一郎氏だ。その根拠の一つがアジア圏を中心とした金需要にある。
「インドや中国では、国民が金を嗜好する宗教的背景や伝統があり、金は縁起物として珍重されています。
経済成長で国民の所得が増え、それまで金を買えなかった層がこの10年で買い始めたのです」

 2001年の金需要は両国合わせて800トン程度だったのが、2013年には2100トンにまで増えている。
また、中国やロシア、カザフスタン、ヨルダンといった新興国の中央銀行がこぞって金を買い増していることも亀井氏が強く推す要因だ。

「アメリカの量的緩和によって流入した投資マネーで新興国は輸出が増加し、外貨準備高が増えた。
ポートフォリオのバランスを取るために、金の保有比率を上げています。欧米の投機筋が金を売っているのとは
対照的に、アジア系の新興国が金を買い支えている構図なのです」
 亀井氏が金を推すのはそれだけではない。利息のつかない金はドル金利とは逆相関関係にある。
アメリカの利上げが順調に実施されれば、金投資に旨味はないとされる。しかし、実際に追加の利上げができるかどうか、
専門家の間でも見方が分かれている。
「年内の利上げの可能性があるのはFRB(米連邦準備理事会)の会合がある3月、6月、9月、12月の4回ですが、
市場の大方の見通し通りに利上げが実施されるとは限らない。もし3月の会合で利上げが先送りになれば、
これまで利上げを織り込んで売られてきた金は上昇し、年内で1250ドルから1300ドルまで上昇が見込めるでしょう」(同前)

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

yaruyarapc

 やる夫「うーん・・・。でも日本での価格は円安もあってほぼ横ばいだお?正直今買うのはあまりメリットを感じないお。」

 管理人「ドル建ての価格推移を見ても、まだ下げ止まったとは感じにくいしな。年内に1300ドルまでしか上昇しないなら、それからでもいいかという印象なんだが。」

 やる夫「だおねー・・・。一応データとしてだけ頭に入れておくお。」

続きを読む

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
社会人俺の一日が充実しすぎている
noimage
noimage
【無神経】職場の先輩がごめんなさいが言えない人。上司「なぜ感謝も謝罪もできないのか」先輩「…………(困惑」
noimage
【図々しい】外国人の旅行中の友人とタクシーに乗ろうとしたその時、女「一緒に乗せて!病院へ!」私「…え」→結果wwwwww
【非常識】市役所で職員と揉めている人がいた。『生活保護?自分たちの食べる分くらい自分で稼ぎますよ! 働きもしない寄生虫のクズと一緒にしないで下さい! 』
輸入ビジネスはじめたんだけどさあ
noimage
トランプ氏の発言に失望感!一気に円高114円台へ!ショーター爆益!!!
noimage
【衝撃的】昔、妹がストーカーに付きまとわれてた。俺「(武器を持つのはマズイ。そうだ!頑丈で丈夫な服を着ていけばいいんだ!(ガシャン」妹「」
シャープ「偶発債務を3500億円だと言ったな。あれは嘘だ。」
noimage

Menu

HOME

TOP