投資顧問「マイナス金利で銀行にお金を預けるより銀行株を買え」

投資顧問「マイナス金利で銀行にお金を預けるより銀行株を買え」

100manen

1: 稼げる名無しさん 2016/04/16(土) 20:15:17.48 ID:CAP_USER.net

http://www.sankei.com/west/news/160416/wst1604160001-n1.html

マイナス金利が導入され、大手銀行の普通預金金利が大きく下がりました。定期預金でも同様に下がっています。
それでも大手銀行のほか、郵便局にお金を預けたほうが安心と思われる方も多いようです。
 もし銀行が安全と考えるのであれば、預けている銀行の株を、一部預金を取り崩して買ってみてはいかがでしょうか?

 株主になると、一定金額の配当金がもらえるためです。 
 例えば、変動はありますが1株あたり1年間に18円配当金がもらえる大手銀行もあります。
 株は100株単位で購入できますので、100株買った場合、1800円もらえる計算になります。
 100株を購入する際に必要な資金は、当日の株価が540円とすると、5万4千円となります。
配当利回りは税金控除前で、約3・33%となる計算です。ゆうちょ銀行の株も同程度の配当利回りになります。
 配当金は企業業績によって変動しますが、仮に銀行に10年貯金することを考えると、その間に銀行株が30%値下がりしても、預金の金利と、もらえる配当金の差額で相殺できる計算になります。

 値下がりした時に株を買い増しすれば、買いの平均単価を下げることができます。
さらに配当金が下がっていなければ、配当利回りが上昇することにもなります。
 またNISA(少額投資非課税制度)を利用すれば5年間、配当金や譲渡が非課税になる特典もあります。
 預貯金だけで老後の資金プランなどに不安を感じる場合、「株は怖い」というイメージから一歩、
脱却してみることも必要かもしれませんね。
 (株式会社エフピーアイ代表取締役 藤ノ井俊樹)

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

yaruosoryanee

 やる夫「金利が下がったと同時に銀行株の価値も大きく下がったんだけれど、その事にはノータッチかお?」

 管理人「しかも値下がり時にナンピンをしろ・・・とか、投資顧問としてどうかと思うんだがな。。。今後の株価変動リスクや、配当利回りがどう変化するかの予測がないと、とても手を出そうとは思えないな。」

続きを読む

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
親同士がお見合いパーティをするという異常な現状
noimage
所持金200円だが2日間耐える方法教えてくれ
noimage
【衝撃的】TVで混浴温泉でノゾキをする為に待ち構える人特集を見た父「覗きが嫌なら覗かれるような場所にいる方が悪い!」←えぇー…
noimage
【修羅場】近所の団地のそれぞれ問題を抱えた障害者3兄弟が家の前の袋小路に来る。車や自転車の前に飛び出してひいてしまう前に何とか対応して欲しいのに‥
【修羅場】夫「母さんの味と違う」→トメに聞きに行ったらトメ激怒。実は夫の言う母さんの味はウトの前妻の味。何故か私が責められウトメ夫3人から一晩中暴力を受け続け…
社会学者「北朝鮮を戦争なしで崩壊させるには、日本が難民を受け入れることだ!」
女上司「また有給?アンタ最近休みすぎじゃない?」俺「取得ペースあげないと消化しきれないので」
noimage

Menu

HOME

TOP