電子コミック「11円」セールで売り上げ3億円超 トップ作家に印税1億3000万円 「常識打ち破る数字」

電子コミック「11円」セールで売り上げ3億円超 トップ作家に印税1億3000万円 「常識打ち破る数字」

burayoro

1: 稼げる名無しさん 2016/05/27(金) 19:25:14.15

電子コミック販売サイト「漫画onWeb」や電子書籍取次サービス「電書バト」などを運営する漫画家の佐藤秀峰さんは、
2月に伝書バトが実施した、電子コミック131冊を各11円で販売するセールで、売り上げ総額が3億円を超えたことを明らかにした。
売り上げトップだった佐藤さん本人には、1億3000万円以上の印税が入ったという。
出版不況の中、この結果が「すべての漫画家の希望となることを願っている」としている。

佐藤さんは、1億3388万円という額について「1カ月間のロイヤリティ金額としては、控えめに言っても、これまでの電子書籍の常識を打ち破る数字」とみている。
紙の書籍の印税で同額を稼ぐには、単行本を約300万部を売り上げる必要があるという。
販売したタイトルは新作ではなかったが、「大幅な値引きを行なった上で、取り扱い全作品を一気にセールに投入する」という作戦が奏功し、大きな売り上げにつながったとみている。
参加した作家からは「紙の本ではほとんど利益を産まなかった作品が、電子書籍として売り上げを計上したことは新鮮な驚きでした。
読みたい、買いたいと思っている読者に正規に届けられた、ということに電子書籍の役割、可能性を大いに感じています」と感想が寄せられたという。
佐藤さんは「この結果がすべての漫画家にとって希望となることを願っています」とコメントしている。
電書バトは、簡単なクオリティチェックを通ればプロ・アマ問わず電子書籍を販売できる取次サービスで、2014年にスタート。国内主要電子書籍ストア約50店舗に対応しているという。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1605/27/news116.html

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

shinda

 やる夫「1億3000万円!?どれだけなんだお・・・。」

 管理人「『ブラックジャックによろしく』の作者さんか。この方はちょっと特殊な事例だと思ったりもするが、それでも夢がある数字だな。」

続きを読む

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

【天晴!】新婦家の事業の資金繰りが苦しく、有力者息子に身売りされたと噂の結婚式に出席したんだが・・・
noimage
ドル円ついに112円割れ!一気に111円台半ばまで円高に!
一週間千円縛りにしたら人生捗りすぎてワロタ
【名付け】クオーターの娘に恵茉 (えま) と名付けようと思うのですが、第一印象はどうですか?外国風過ぎますか?
2chを信じて買ったけど騙されたもの
「老害」とは呼べぬ80代経営者の実力 収益率が最も低いのは50~60代・・80代の社長とはもはや「妖怪」のレベル
noimage
noimage
マクドナルドのセルフ注文システム、コミュ障にも注文できると大絶賛!
米国連大使「わが国を支持しない者はその名を書き留め、相応の対応を取る」
【馴れ初め】俺「嫁さんを守れなかった、謝るのは俺の方だ」嫁「そんなことないです。上司に車に乗せられた時私はもうダメなんだって思いました、でもあなたの声が聞こえたの」
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP