FX投資家阿鼻叫喚、英EU離脱による急激な円高でロスカットの嵐

FX投資家阿鼻叫喚、英EU離脱による急激な円高でロスカットの嵐

kabu

1: 稼げる名無しさん 2016/06/24(金) 21:58:23.07

http://www.j-cast.com/2016/06/24270656.html?p=all
英国の国民投票は、事前の世論調査で、わずかの差で「残留」が優勢と伝えられていた。2016年6月23日、この情報を材料に、
EU離脱による英国経済への悪影響を避けられるとの期待から、英ポンドが円やドルに対して大幅上昇。英ポンド円相場は、6月24日9時すぎに
1ポンド160円33銭で推移していた。
一方、英ポンドの上昇は円売り・ドル買いを誘い、ドル円相場は1ドル104円台半ばから105円台後半で推移した
円が買われ、23日には106円前半の円安水準まで値下がり。開票がはじまった24日9時すぎでも、1ドル105円近辺で値動きしていた。

市場関係者の多くは、「1ドル103円がひとつの節目」とみていたようだ。
ところが、24日昼ごろに「離脱優勢」の観測が伝わると、「市場の景色は朝方と一変した」(東京金融取引所)。「節目」としていた1ドル103円前後を付けると、その後は開票情報が伝えられるたびに、円売りと円買いがめまぐるしく入れ替わる乱高下で
、円ドル相場の値幅は4円弱にも達した。こうした情報をいち早く得ようとユーザーが殺到したらしく、ヤフーファイナンスなどのサイトは一時、アクセスが難しくなるほどだった。
大勢が「離脱」に傾くと、円を買う動きがさらに加速して、円相場は11時30分すぎ100円を割り込み、2013年11月以来、2年7か月ぶりに1ドル99円台まで値上がりした。
ポンド円相場も、一気にポンドが急落。14時30分すぎには1ポンド137円まで値下がりした。ポンドはドルに対しても、1985年以来31年ぶりの安値となる1ポンド1.33ドル台を付けた。
ただ、こうした状況にも外国為替証拠金(FX)取引に投資する個人投資家は、ポンドに関する限り、「取引は比較的、落ち着いていました」と、取引所FX取引の「くりっく365」
を取り扱う東京金融取引所はいう。「(くりっく365のポンド円取引は)個人投資家などがリスク管理の動きを強めていた結果、6月23日までにポンド買いのポジションが
10万枚(1枚につき、1万通貨)も解消されています」と説明する。
また、外為どっとコム総合研究所の神田卓也調査部長・上席研究員も、「ポンドの取引は、FX業者が事前に取引制限を設けたり、投票結果に伴う相場急変について注意喚起したり
したことが奏功したこともあり、ポンドの暴落による個人投資家の混乱はある程度抑えることができました」と話す。
東京金融取引所によると、「ポンドの下落予想から、『売り』ポジションから入る投資家はゼロではありませんが、限られています」といい、
大きく儲けた個人投資家は少ないと推察する。「(投票結果を経て)さらに買い建て玉は減少に向かうと思います」と、しばらくは様子見を決め込む投資家が多いとみている。
直前の予想を超える急激な円高で「損切り」続出
しかし、英ポンドはあらかじめ対応がなされていたが、あおりを受けた円ドル相場は、もともと取引量も多く、事前の警告もなかったため、24日に「阿鼻叫喚」となったFX投資家が存在したようだ。
英国の「EU離脱」の情報に、インターネットでは、
「またまたロスカット続出! いくら損しても懲りないんだねぇwww」
「FXの奴ら全員死亡だなwww」
「世界経済、あーもうめちゃくちゃだよ」
「EU崩壊だな・・・」
といった声があふれた。

前出の外為どっとコム総合研究所の神田氏は、「たしかに、1ドル100円割れした円ドル相場で多くのロスカット(損切り)がみられた」と指摘する。
今回の国民投票では、事前に「残留優勢」が伝えられたところで、FX投資家の多くが急激な円高への懸念が後退したとみていた。
その判断の決め手となったのが、「ブックメーカーだった」という。
「ブックメーカーが『残留』の賭け率を変更して9割に引き上げたことで、23日夜のうちに、『残留』と決めてかかってしまったフシがあります」と、
神田氏は話す。それがふたを開けてみたら、一変。残留優勢に傾きすぎたポジションが急激に調整され、6月24日になって1ドル103円を突破すると
「ロスカットが生じた投資家が多くなりました」という。
ところが「返す刀」で、今度は1ドル100円を割り込むと急激に切り返して、個人投資家は『押し目買い』に走った。24日18時のドル円相場は、
103円前半まで値下がり。「この動きは個人投資家が主導したものと考えていいと思います」と話す。
しばらくはFX投資家にとって眠れない夜が続きそうだ。

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

yaruo_fuun

 >事前にわずかの差で残留優勢

 やる夫「やる夫はこの情報って嵌め込みっぽく感じていたお(個人の感想だお)。というのも、調査対象者数が2000、1000、800と目減りしていった事、残留が優勢とするポイント数も2、3ポイントとわずかだったことなんかが挙げられるお。しかも、調査会社によっては離脱優勢と報道する事もあったし、それだけの情報で事前にあそこまで円安になるのはちょっと微妙かお。」

 管理人「まぁ上げてから落としてリバウンドさせた方が儲かるわけだしな・・・。スレタイではロスカットの嵐で阿鼻叫喚とあるが、今回は事前に色々と公開されていただけに、スイスフランショックのような大規模損失は少なかったように見えるな。2chでも大損害報告はスイスフランの時ほどは多くないように感じる。」

続きを読む

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

【衝撃的】出産後9年間ずーーと機嫌が悪かった嫁「好きです!ずっと甘え続けてごめんなさい」俺「・・・えっ(焦」←急に何があったというんだ!?
noimage
【若者の酒離れ】20代男性の4割が「月に一回も飲まない」
noimage
FOMC、政策金利据え置き決定!市場の予想通りで円高へ
【修羅場】隣家が火事!慌てて外に避難したのに母が家の中に戻っていった!→消防士さんに救出された母の驚愕の一言!!
サラリーマン向けの副業って何かない?
noimage
noimage
シャープ、二足歩行のロボット型携帯電話を発売!お値段なんと19万8000円!
noimage
【FX】ドル円、上値が重いか。116円前半で停滞気味
毎月給料全部使ってしまうんだがwwwwwwwwwwwwww
トランプ米大統領、「パリ協定」離脱決定
自衛隊の街コンに行った思い出を書いてく

Menu

HOME

TOP