浜矩子先生「世界分断と排他主義が進むのか分岐点の年に」

浜矩子先生「世界分断と排他主義が進むのか分岐点の年に」

1: 稼げる名無しさん 2016/12/26(月) 20:19:00.67

hama

 世界の分断と排除の論理がさらに進むのかどうか―─。来年は分岐点となるのではないでしょうか。

 それは2つの観点から言えます。ひとつは、米国のトランプ次期大統領に代表されるポピュリズムの台頭であり、反グローバルの旗印があちこちであがっていることです。
イタリアで「五つ星運動」がどれだけ勢力を伸ばすのか。オーストリアは大統領選ではとりあえず極右の勝利は免れましたが、次はどうなるかわからない。
仏ではルペン党首の「国民戦線」が勝利するのかどうか。独ではメルケル首相が勝ち抜くと思われているものの必ずしも断言できる状況ではなく、極右政党の「ドイツのための選択肢」が伸長すると展望されている。
反グローバルの名の下に、極右排外主義的な政治社会傾向がぐっと強まる方向に行ってしまうのかどうか。

 2つ目は、金融環境が大きく変わる気配のあることです。トランプ新政権で財政大盤振る舞い体制に入るので、米国は出口のドアを開けることのできなかったゼロ金利の世界から、強制的に引っ張り出されることになります。
米国が金利をグッと引き上げる方向に動けば、世界中のカネが米国に吸い上げられる。
そうなると、各国が自己防衛のためにこぞって資本の流れを規制し始める。経済の反グローバルです。
特にトランプ氏はTPPではなく2国間の通商協定と言っています。
これはブロック経済構築の流れに近くなるんですね。戦間期の時代模様に逆戻りということになってしまいかねません。

続きはウェブで
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/196464

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

 えええ、やっぱり来年は暴落の年なのかお!?
 こうしちゃいられないお。株は全部売って大暴落に備えないと・・・

yaruo_houshin

続きを読む

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
【モラハラ】私「パンの耳も食べてね」旦那「お前に美味いのものが俺にも美味いと思うな!」私(泣)→旦那「なんで泣くんだ!腹立つ!あてつけか!!」
円安、緩やかに進行するも上値が重い展開。1ドル113円台半ば
Amazonの電子書籍読み放題サービス、講談社・小学館も参加!
【修羅場】朝方、彼氏宅でマッタリ。ピンポーン!「警察です。彼氏さんいらっしゃいます?(笑」私「…え」ズカズカ入ってきた警察の話を聞くと彼氏の闇の部分が明らかにwww
近所の長年引きこもりでニートだったヤツがポルシェを買った
noimage
仕事してないと男は結婚できないんだよ
Steamサマーセールが開始!お前ら何買う?
noimage
noimage
【DQN返し】ネチネチいびってくる姑!夕飯を捨てられた→ハラパン 私物を捨てられた→舅の位牌を隠す →結果wwwwww
noimage
政府、在留3年未満で永住権を検討

Menu

HOME

TOP