【朝日新聞主催】フェイクニュースが横行する背景などについて知識人が議論

【朝日新聞主催】フェイクニュースが横行する背景などについて知識人が議論

1: 稼げる名無しさん 2017/05/04(木) 06:01:57.06
「ポスト真実」時代のメディア考える 神戸で5・3集会
2017年5月4日00時05分

 朝日新聞阪神支局襲撃事件を機に始まった「言論の自由を考える5・3集会」(朝日新聞労働組合主催)が3日、神戸市であった。30回目の今回のテーマは「『不信』『萎縮』を乗り越えて」。事実よりうその情報に民意が誘導される「ポスト真実(トゥルース)」が時代を象徴する言葉として語られる中、メディアを取り巻く現状や課題についてパネリストらが議論。市民ら528人が参加した。

特集:阪神支局襲撃から30年
タイムライン:記者襲撃、あの夜から

 東京工業大准教授の西田亮介さんはフェイク(偽)ニュースが横行する背景として「インターネットの普及で情報量が激増し、真偽を見極めようとしてもどれが本物なのか判断しにくくなっている」と指摘した。

 作家の高橋源一郎さんは「著名な人でさえ、『反日』というような言葉を平気で使うようになってきた。以前なら許されなかったはずなのに、社会が『あの人ならしょうがない』と違和感をもたずに受け止めてしまっていることが怖い」と警鐘を鳴らした。

 高橋純子・朝日新聞政治部次長は「政治家が言っていることが本当なのか、新聞社は多くの労力をかけてチェックしている。そこがなかなか分かっていただけない」と記事を出す側のもどかしさを打ち明けた。

 コーディネーターを務めたジャーナリストの池上彰さんは「30年前、憲法記念日に新聞社に攻撃があったことを忘れてはならない。メディアがしっかりしなければ社会はダメになる。改めて原点を確認したい」と締めくくった。

http://www.asahi.com/articles/ASK5253Y0K52PIHB02G.html

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

 ほんとそうだお!
 メディアはいちいち事実かどうかを証明しなくてはならない時代になってるお!
 記者は真実かどうか確実にチェックを行っているから、捏造なんてあるわけない!
 もっと国民は信じる心をもって欲しいお!!!

yaruo_boome

続きを読む

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

FXの恐ろしさを伝えにきたよ
【韓国】日本はスワップ中断、中国はサード報復・・・韓国が国際サンドバック状態に
米国株続伸して始まる。為替も円安方向へ
日本企業が「さほど儲けられない」真の理由
【疲れた…】嫁「自分の腹から産んだ訳じゃないのに親ヅラするな」「子供が起きるから金輪際話しかけるな」→1年後…
【衝撃的】相席をOKしたらそいつの分まで払わされそうになったんだがwwwww
【悲報】もう会社をバックレた新入社員出現
noimage
一宮の「モーニング」がコスパ最強 どうしたらこれが380円になるの?
noimage
割とマジで貯金いくらある?
【悪夢】浮気妻に親権を取られて離婚。その後元妻と間男に引き取られた息子は虐待され死亡。旦那は元妻の弁護士に抗議に行ったが…
私「けほっ」友達「・・・っ、大丈夫っ!?(迫真」←ちょっとした事で大袈裟で理不尽なものを感じるんだよね‥
【図々しい】雨の中外出から帰ったら、家の門の前で選挙候補者が街頭演説をしていて入れない。私「あのっ…」候補者「ご声援ありがとうございますっ!!(ニコニコ」私「」
インサイダー取引って何が悪いの?

Menu

HOME

TOP